Friday, October 19, 2018

Seminar of Forest Ecosystem Management

Date : Oct. 19, 2018 Presenters : 
(1) Kubo (M2)
Title : 出水時における河川水中および河川間隙水域内の有機物量の変動
(2) Shimono (M1)
Title : モウソウチク林における地形が及ぼす窒素循環の空間的変動
                             ~窒素吸収量と窒素還元量について~

Next seminar 
Date: Oct. 26, 2018 
Presenters: Peng (M1) and Yang (M1)

Thursday, October 18, 2018

ドローン、宮演全域調査、土砂崩壊

こないだ、宮崎大学の篠原先生と4年生の学生さんがドローンを飛ばしに福岡演習林に来てくれました!話によると、将来的にはドローンから得た情報で森林の蒸散が推定できるらしい!すごい~!!どんなデータが取れていくのか、とても楽しみですね~

Friday, October 12, 2018

Seminar of Forest Ecosystem Management

Date: Oct. 12, 2018
Presenters:
(1) Jeong (D2)
Title: The interactive-proportional change between throughfall and stemflow and the stand-scale funneling ratio with forest stand structure: A case study of Japanese coniferous plantations

(2) Moein (D3)
 Title: Factors determining soil water repellency of two coniferous tree species on a hillslope


Next seminar
Date: Oct. 19, 2018
Presenters: Kubo (M2) and Shimono (M1)

Monday, October 30, 2017

マレーシアの森の紹介

昔、書いた文章を集めてみました。マレーシアの熱帯雨林に興味のある方、ぜひ見てみてください~!!

Newsletter 2011年10月13日 
(ランビルへの渡航費を支援して頂きました。その報告文章です。)

派遣者ブログ 2011年8-9月
(上記プログラムの派遣者ブログです。)

Tuesday, June 27, 2017

お誕生日会と歓迎会

こんにちは、助教の片山です。
最近すっかりブログを更新することを失念していました、、

その間に卒論発表があり、修論発表があり、研究室を卒業する学生がいて、4月から新しくやってきた学生もいます。そして、我らが流域研究室の教授である大槻先生が還暦を迎えられました。というわけで、お誕生日会を開催しました。



全国からこの研究室に所属したことのある方々に集まって頂きました。流域研究室は、出来てまだ20年弱程度なのですが、たくさんの卒業生がいて、また、ここで研究されたポスドクの方もたくさんいます。現役の学生からすでに准教授になった卒業生まで、世代をこえた同窓会となりました。大槻先生、お誕生日おめでとうございます!


そして、先日、ゼミメンバーで新しい流域メンバーの歓迎会を開催しました。今年度も楽しく良い研究ができるようにがんばりたいと思います。






Thursday, December 1, 2016


今年の流行語にノミネートされているPAPPが、頭の中でループしている今日この頃です。今回からは、学生がブログを持ち回りで担当していくことになりました。

ところで、最近は雪も積もって寒いですね~。もう昼間でも氷点下になっていますけど、皆さん風邪とかひいてないでしょうか?

え?何かちゃうて?福岡なんて雪なんか降ってないし、そんなに寒いわけないやろって?


はい。そうです、今回は福岡からでも宮崎からでもありません!

以前は、宮崎演習林の話の回があったと思いますが、今回は北海道演習林からお届けしております。

九州大学には福岡, 宮崎, 北海道と3つ演習林がありその中でも一番大きい敷地面積を占めているのがここ北海道演習林です。なんと九州大学の敷地面積のおよそ50%が北海道にあるのです。今回はそんな九州大学附属北海道演習林からお届けいたします。

ちなみに、どんなけ寒いかというと、10月末の北海道演習林は...


紅葉が綺麗だったのにもかかわらず…。一週間後…。




11月初旬で -5℃の世界…。変わりすぎやろ!


来てみたくなりましたか?そんな学生さんにいいお知らせが!北海道演習林でも夏と冬に実習が開かれているので、ぜひ来てみてはいかがでしょう?ちなみに、九州から北海道に来るのにはパスポートが必要です。以前だまされた人がいるのでお気をつけて…。とまあ、福岡とは全然違う環境です。

夏にはこんな生き物も


夏毛のキタキツネ


剥製です。残念ながら生きている写真ではないです。ですが、職員さんが冬眠から目覚めたのに遭遇したそうです。


川の近くでは、こんな大きなフキのほ場もあります。

ちなみに、あったデータで北演周辺の地形図を遊びで作ってみました。


案外、雌阿寒岳(1,400m)高いんだな~。今年の夏の実習の登山では、いい景色が見れたそうです。
北海道の演習林の場所は地図を元にしたけど、少し自信がないかも...。他の福岡, 宮崎とは異なり、林班の場所がまとまってます。地形図が緑色だから、山の中を想像したかも知れませんが、案外街中です。3つある演習林のうち一番、コンビニ、スーパーが近くにあって生活しやすいかも知れません。


雪の中だろうとできる、全天候型スラッグライン!そう、フィリッ○スのシェーバーのCMで使われていたスポーツです。森林生産制御学研究室の人たちと研究の合間に練習しています。これを森の木に渡しておけば、冬の調査でも雪中行軍をしなくて済む!?


では、最後に替え歌でしめようと思います。

果てしない大地と広い大地のその中で~♪
ふきすさぶ、りじぇーくとにとばされぬよう、とばぬよう~♪
生きる事がつらいとか苦しいとかいう前に、論文を書きます!
(松山, 1998)

では。


Wednesday, November 16, 2016

2015年大ゼミ 2-3日目(アップし忘れていました、、)

さてさて、2日目。
今日の午前は、ゼミの続きです。そして、内容は割愛(笑)。とても充実したゼミとなりました、とだけ言っておきます。

そして、午後はエクスカーション!でも、すごい雨、、
林長の菱さんがたくさん説明してくれているのですが、ほとんど聞こえません。。
でも、私たちは森林水文をテーマに研究しているので、雨が降って、河川に流れる様子を実際に見ることができ、みんなとっても楽しんでいました。なによりも、笠原さん(准教授、河川生態専門)がとても楽しそうに川を歩いていて、これまで見たことのないような笑顔であふれているのが印象的でした。笑

そして、夜!この日はご近所の中竹旅館さんで夕飯を頂きました。








ヤマメがカシワの葉にくるまれて味噌味で焼かれたもの、
コイの刺身、タケノコの煮物など、たくさんの郷土料理を用意してくれました。
とっても美味しかった~!!

総勢、**人のゼミ旅行、国籍も日本、中国、台湾、ラオスと様々。
年齢も5歳から50代まで(ただし、10代を除く)。

この日、夕飯から帰ってきたら、宗村先生によるレクチャーが始まりました。
モデルの動かし方について、実際にやり方を教えてくれていたみたいです。
そして、22時すぎにレクチャーが終わり、そこから飲み会が始まったそうです。
とても濃い1日ですね~



最終日はエクスカーションとして、宮崎演習林を見学して無事に福岡に帰ってきました。いや~、充実の3日間でした。菱さんはじめ、宮崎演習林のみなさま、ありがとうございました!!